海外では当たり前!自分たちで手作り結婚式

ホテルや式場での披露宴とは一味違う結婚式

日本では結婚式というと、結婚式場やホテルなどであげる豪華な披露宴を思い浮かべませんか?招待客も親族や友人、仕事関係者を呼んで、席次表をつくるのにとっても苦労する人も多いのではないでしょうか。しかし海外では自宅の庭を開放してのパーティーというものが割と頻繁に行われています。自宅での結婚パーティーですから、もちろん決まった席次表なんてありません。いったいどんな結婚式なのでしょう。私が実際に参加した海外での手作り結婚式についてご紹介してみたいと思います。

友人に手伝ってもらう

まず私が参加した友人の結婚式は、オーストラリアで行われた結婚式でした。新郎新婦はクリスチャンでしたので、自宅の庭に友人である神父を招いて、みんなの前で結婚の誓いをたてました。その後、そのままその庭で、新郎新婦の友人によるお食事とケーキが出てきました。基本は立食パーティーです。しかし、決まった集合時間もなく、神父による結婚の誓いが終わって食事が出てきてから参加してきた人も多くいました。立食パーティーが始まってからは、友人によるバンド演奏が行われるなど、そのほとんどが友人たちによる手作りのものばかりでした。

手間をかけさせたからこその喜び

神父、バンド、料理、またウェルカムボードや会場内のインテリアまでそのほとんどが友人たちが手作りをしたものでした。友人たちはとっても手間暇かけて作ったのだと思います。しかし、誰一人として文句を言う人はいません。それは、新郎新婦たちも友人たちの結婚式を手伝ってきたからです。お互いに手間をかけさせるほど、友人としての絆が深まるのだと言っていました。こんな素敵な結婚式が日本にあるのでしょうか。私はまだ日本でこのような結婚式には参加したことがありませんが、ぜひ参加して、その幸せを一緒に享受したいと思います。

結婚式場を東京に作ることで、都会ならではの美しさを取り入れながら素敵な結婚式ができます。みんなの憧れの結婚式になります。

指輪と一緒にプロポーズして成功率アップ!

映画では指輪を差し出しているけれど

海外の恋愛映画やドラマを見ていると、プロポーズのシーンで男性が女性にひざまずいて指輪を渡しながら求婚しているシーンが散見されます。さすがに日本人でひざまずくまでやるとやり過ぎ感がありますが、プロポーズする場合には指輪もあった方がいいのか、それとも好みの指輪を選ばせるために後で渡すのとではどちらがいいのでしょうか。実際には指輪を渡すのとプロポーズを同時にする男性は少ないそうですが、女性にとってはそれはどうなんでしょう。

既婚女性は一緒に渡してほしかった人が多い

ブライダル関係のリサーチは多く行われていますが、その中で指輪を差し出してプロポーズしてほしかったと残念に思っている女性は過半数オーバーの7割という結果が出たとのこと。びっくりするくらいダントツな数字ですね。やはりロマンチックなシチュエーションに女性は憧れるのでプロポーズにも映画のような演出を期待してしまうのかもしれません。男性とは考え方が大きく違っているのが出ていますね。渡してほしくなかった層も若干いますが、経済的な理由からそう考える傾向があります。現実的ですね。

未婚女性も指輪と一緒がよかった?

大切なのはすでに結婚した女性よりも、まだ独身の女性です。ブライダルもその時の価値観や社会状況のあおりを受けやすいので、既婚女性とは考え方が変化している可能性もありますが。でも、実際はやっぱりサプライズで指輪を買っておいてほしいという意見が多かったということですから、女性のロマンチックを求める思考は不変のものかもしれません。つまり、女性受けのいい指輪とプロポーズのセットで成功率もグッとアップするということです!

プロポーズは、一生の誓いや相手への気持ちを結婚を申し込む際に言う言葉です。一世一代の決め台詞となりますので、シチュエーションや演出にこだわる方も多く、参考となるマニュアル本も出版されています。

ついつい金額が膨れ上がってしまう結婚式!予算内に収めるポイントとは!

定期的に見積金額を確認しよう!

結婚式を行う場合決めることがたくさんあるのですが、どうしてもグレードの高いものがよく見えてしまい、いいものを選んでいたら予算を大幅にオーバーしてしまったなんてことも珍しくないですよね。そうならないためにも定期的に見積もり確認をするようにしてくださいね。確認した時点で予算がオーバーしていたらグレードを下げて予算内に修正することも出来ます。その為こまめに見積もりを確認してしっかり予算内に収めるようにしましょう。

重要視するものとそうでないものを決めよう

結婚式は数百万単位のお金が動くので、ついつい1万円くらい高くてもいいかっとなってしまいがちです。でもちりも積もれば山となるという言葉通り、まあいっかが積み重なっていつの間にかすごい金額になってしまったなんてことになっては大変ですよね。そうならない為にもあらかじめ絶対いいものを使いたいものと、別にそこまでこだわらなくていいもの決めておきましょう。そうしておくことで、こだわりがないものに対してはグレードを下げた物を選んでいけば予算も抑えられますよね。

時には他の人の意見を聞こう

結婚式の準備でどうしても予算が膨らんでしまい、どこを削っていいかわからなくなってしまったなんて人もいますよね。結構新郎新婦はテンションが上がってしまい正しい判断が出来ない場合があるので、両親や兄弟姉妹などに一度見積もりを見せてどこを削ればいいかアドバイスをもらうといいです。冷静な家族から見てどこを省けるのかをしっかり見てもらい、時には一緒に式場に来てもらって選んだものを確認してもらうのもいいですよ。

越谷の結婚式場では、少人数から大人数まで人数に応じた式場を準備してくれるので、安心して依頼ができます。

これから結婚予定のカップル必見?!結婚式場見学はこんな所に注意!

やっぱり結婚式場はアクセスが重要!

これから結婚式を挙げる予定のカップルの中には、ブライダルフェアなど式場見学に興味がある人もいると思います。そこで今回は結婚式場を見学する際に気を付けておきたいポイントについてご紹介したいと思います。やはり最寄駅や街の主要部からのアクセスは要チェックポイントだと言えます。披露宴の後に二次会を行う予定であれば、二次会の会場として使えそうなお店が周辺にあるのかなども確認しておきましょう。また電車やバスでは中々行けないような場所であれば、シャトルバスなどを結婚式場で出してもらえるのかも聞いておきたい所です。

自分たちだけではなく、ゲストが使う部分もチェック!

チャペルや新郎新婦が使用する控室などは入念にチェックするという人がほとんどだと思いますが、やはりせっかく当日来てもらうゲスト目線でのチェックも怠らないようにしましょう。たとえばゲストに車いすの人がいるのであれば、会場はバリアフリーになっているのか、もしそうでなければどうやって会場まで移動すればいいのかなど聞いておくと安心だと言えます。自分たちだけではなく、参列してくれたゲストの皆さんにも喜んでもらえる結婚式場を探しましょう!

設備だけではない、プランナーさんも重要ポイント!

結婚式場と言えば、つい会場の設備に目がいってしまいがちですが、プランナーさんも忘れてはいけない重要なチェックポイントです。結婚式場が決まれば、あとは当日までプランナーさんと一緒に結婚式の内容を色々と決めていく事となります。そうなるとやっぱり熱意を持って対応して下さるプランナーさんの方が嬉しいですよね。プランナーさんのやる気がない、担当がコロコロ変わるという結婚式場はやはり避けておいた方が無難だと言えます。

名古屋の結婚式場は高級でお洒落な静かで落ち着いた空間で本格的な挙式を挙げることが可能になっています。