身近な人々の温かさを感じられる素敵な家族婚

気を遣わなくてOK!

結婚式は人生の一大イベントですが、会社の上司や縁の薄い友人たちに気を遣うという面もあります。そんな時におすすめなのが家族婚です。家族婚では家族など身近な人々ので行う結婚式なので、気を遣う必要があります。それは新郎と新婦にも言えることですが、さらに大きいのが両親です。普通の結婚式で両親は息子、娘の会社の上司に気を遣いつつ挨拶をしなくてはならず、結婚式を楽しむ余裕がなかなかありません。しかし、家族婚なら両親も心置きなく楽しめるのです。

何と言っても費用が安い

結婚式はそもそも多くの費用がかかるイベントです。しかし、結婚式後にも新居や家具、新婚旅行などお金のかかる要素は目尻押しとなっています。せっかくの新婚生活を金欠で過ごしたくはないですよね。そういう方にも家族婚はおすすめできます。家族婚は規模が小さい結婚式であるため、費用が安く抑えられます。また、家族婚が一種のブームとなっていることで、各ウェディング会社も様々な家族婚のプランを用意してくれていてお得です。

オリジナリティ溢れる結婚式

家族婚は身近な人々だけで挙げるので、オリジナリティ溢れる結婚式にすることが出来ます。様々な来賓の方がいるとみんなに楽しんでもらうことを念頭においての挙式となりますが、家族婚の場合は身内のネタを取り入れた挙式を行えます。思いっきって家族で仮想をしてみたり、家族の面白い映像を流したり何でも出来ます。世界に1つしかない結婚式となります。あとで思い出した時に思わず笑ってしまうような面白い挙式にすることもできます。

家族婚とは、家族や親族だけで行うアットホームな挙式です。料金も安いので、今の主流になりつつあります。

最近増えてきている少人数制の結婚式のまとめ

2人だけの結婚式を挙げよう

最近では結婚式を挙げないカップルも増えてきていますが、写真撮りだけでもロケーションの良い所で行いたいと思いませんか。また大々的に結婚式を行いたくないと言うカップルには2人だけの結婚式をお勧めします。結婚式場によっては2人だけで教会式を行える所があるので、貸し切り状態で指輪の交換や誓いの言葉を述べる事が出来ます。ドレス代や写真代含めて格安で利用できるプランもあるので、一度式場側に相談をしてみて下さい。

友人飲みを招待する結婚式

結婚式を挙げたいけど、気の知れた友人だけを呼んで楽しみたいと言うカップルもいると思います。招待客が20名ほどで友人らだけを招待して披露宴を行うカップルも増えてきている様です。またかしこまった式にしたくない人は立食パーティーにする事も出来るので、よりラフな結婚式にする事も出来ます。親戚を呼ぶと悪ふざけも出来なくなってしまいますが、新郎新婦の性格をよく分かっている人たちのみを呼んでの式も楽しいと思います。

家族で食事をしながらアットホームな式

大きな結婚式を挙げる事には抵抗があるけど、両親にはドレス姿を見せたいと思っている人はいませんか。そんなカップルは両家の家族だけを招待して、披露宴をアットホームな食事会にしてみてはいかがでしょうか。両家の家族が集まる事はそうそうにはないので、新郎新婦が感謝の意味も込めて招待をしても良いと思います。ドレスやタキシード姿で写真を取る事も中々ないので、家族全員で思い出に残る写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

近年、結婚式なら親族のみという方が増えています。盛大な結婚式を挙げるには、かなりの費用が掛かりますし、準備や段取りも大変です。

結婚式といえばやっぱりこれ!ケーキカット

ウェディングケーキ入刀の演出

結婚式の一番の演出といえば、「ウェディングケーキ入刀」のシーンですよね。初めての二人の共同作業ということにもなりますし、シャッターチャンスとしてゲストからも喜ばれるシーンです。結婚式場にもよりますが、ウェディングケーキは自分たちの望むデザインをオーダーすることもできます。例えばディズニーが好きな人はディズニーキャラクターのケーキにしたり、二人の共通の趣味をケーキの盛り込んで作ってもらうのもいいですね。

シャッターチャンス!ファーストバイト

ファーストバイトとは、ケーキ入刀の後に新郎新婦がケーキをスプーンですくってお互い食べさせあう演出のことです。新郎は、新婦に対して「食べるものには一生困らせません」というメッセージがあり、新婦は新郎に対して「一生美味しいものを作ります」というメッセージが込められています。新郎は小さなスプーンで新婦に食べてもらい、新婦は特大のスプーンでケーキを山盛りにすくって新郎に食べさせあう演出は、ゲストの笑いを誘い会場が和やかな雰囲気になります。

お母さんへサプライズ!ラストバイト

ラストバイトとは、新郎新婦がそれぞれ自分の母親にケーキを食べさせてもらう演出のことです。生まれたときに一番最初に食べさせてくれたのが母親ですよね。その母親に「今まで美味しいものを食べさせてくれてありがとう」という感謝の気持ちをこめて、最後にケーキを食べさせてもらいます。ラストバイトには二人の人生を祝福し門出を祝うという意味合いも込められています。当日サプライズでラストバイトしてもらうのも、お母さんにとっても記憶に残るいい思い出になることでしょう。

長崎の結婚式場は海のある土地柄、ベイサイドでの幻想的な挙式を挙げる事ができます。教会やゲストハウス、迎賓館に神前式等様々な挙式ができる所です。

結婚式のスタイルとは!!実は種類があります

教会式という選択とは

結婚式と言うのは、いくつかやり方があります。披露宴とは違いますから、それは勘違いしないことです。まずは、教会式です。要するにチャペル風の場所で結婚式をする、ということです。欧州風ではありますが、そんなに大層なことではなく、しっかりと提供されているサービスの一つになっています。とても人気があるやり方であり、ある意味では非常にスタンダードになっています。和式よりも一時期、人気になっていたほどであり、今でも根強い人気があります。

和式の結婚式としては

和式の結婚式というのがあります。これは要するに神社で結婚式をする、ということです。これを神前式といいますが、日本古来のやり方として認識されていますが、実はそこまで古くないです。但し、それでも日本風に見えることは確かです。白無垢などを着ることができるので、女性に人気があります。但し、座敷での式になりますから、スーツだと非常に居づらいです。それでも現状、徐々に復古的な人気が出てきているやり方でもあります。

古来のやり方としては

日本古来のやり方としては、人前式というのがあります。これは自宅でやる結婚式です。正式には自宅でなくともよいですが、要するに仲人を立て、儀式的なことをやります。これは宗教的な儀式と言うよりも慣習的な儀式と言えます。古いやり方と言うのは、実はこちらになります。神社でやる、と言うのはそこまで一般的ではなかったわけです。この人前式はどんどん減っています。今は自宅があまり広くないことが多くなっているからです。

神戸の結婚式場を選ぶことで、演出の内容にこだわることや、料理のメニューを工夫することが出来るようになります。

こんなにあった!9万円以内で選べる結婚指輪

お値打ち価格の結婚指輪を選ぶカップルが増えている

とある結婚情報誌の実施した大規模アンケートによると、最近挙式したカップルの20%近くが、9万円以下の結婚指輪を選んでいるという事実が明らかになりました。結婚した後の生活を豊かに送ることを優先して、結婚指輪の購入費を含む挙式のための費用には、なるだけお金をかけないというフィロソフィーを持ったカップルが増えてきたことが、その背景にはあるようです。実際に、9万円という限られた予算の中でも、かなり立派な結婚指輪がたくさん選べるようになってきています。いくつかをご紹介しましょう。

ストレートラインはシンプルさが魅力

ストレートラインと呼ばれる指輪は、文字通り、指輪のラインが真っ直ぐ一直線になったデザインのものを指します。きわめてシンプルな形状なので、普段は宝石やアクセサリーを身につけない男性でも、照れることなく身につけられるというメリットがあります。素材はプラチナが人気で、指輪の幅が3mmを超えるワイドタイプが最近のトレンドです。できるだけ目立たないほうが良いという人には、幅が2mm以下のナロータイプが選ばれており、シンプルなデザインであっても、いくつものバリエーションから選べるのが受けています。

ウェーブラインはお値段以上の高級感

ウェーブラインの結婚指輪は、大きく分けると、S字ウェーブと、V字ウェーブの二種類に分けられます。どちらもストレートラインよりも、ちょっとだけ派手ですが、自己主張しすぎることがない控えめな印象が受けています。ウェーブラインの結婚指輪は、宝石を全く使用していない指輪が多いので、高級ブランドの指輪であっても、ペアで9万円以下で手に入ります。予算に限りはあっても、大好きなブランドのものが欲しいというときには、このタイプのものを探してみるといいかもしれません。

結婚指輪は様々な店舗において販売されていますが、通販でも購入することが可能で、豊富な商品の中から好みの物を手軽に選ぶことができます。

婚約指輪の宝石は豪華な装飾がとても大事!!

宝石の価値はカットで決まる

婚約指輪の宝石というのは、いくつもあります。それこそ、貴重な鉱物であれば、何でも良いわけです。しかし、大事な要素がいくつかあります。一つは大きさであり、もう一つはカット技術です。ダイヤモンドカット、と言う加工方式がありますが、要するに輝きを最も良い状態に持っていくことができるカットです。宝石はカットの良し悪しで価値が決まると言っても過言ではないので、買う時には装飾を含めて、加工技術の程度を見るべきであるといえます。

大きさとカットは反比例する

宝石は出来るだけ大きい方が良いです。その上でカットも細かく丁寧になされているのが大事ですが、これは反比例します。最大限の大きさを確保しつつ、カット技術を駆使するのが重要になります。宝石関係は溶かして、再び固める、と言うことができないので、大きな物が採掘されたら、それを生かす技術が必要になります。謂わば、カット技術は宝石加工のすべてといえます。婚約指輪は、そのあたりを踏まえて、石の大きさ、カットの技術から買う物を決めるとよいです。

給料の何か月分にするべきか

婚約指輪は高いですが、最終的にどの程度の物を購入するのかは自由です。一応は給料の三か月分、と言うイメージが世間一般には根付いていますが、そこまで厳格に守ることでもないです。あくまで分限を守ることが重要です。特にダイヤモンドなどは資産的な価値がありますから、人気がありますが、それでも購入金額より高くなることは期待できないです。少しでも高いのを、と考えるのではなく、身の丈にあった物を購入するのが賢明になります。

婚約指輪とは、婚約の証に男性が女性にプレゼントする指輪のことで、エンゲージリングとも呼ばれています。

気取らず自分らしい結婚式がしたい!ナチュラルガーデンウエディングとは?

四季にあわせた演出で

緑に囲まれたガーデンでゆったりと流れる時を楽しみ、やわらかな光に溶け込みナチュラルカラーのドレスに身をまとって、気取らずシンプルな結婚式を挙げるのなら、ナチュラルガーデンウエディングがいいでしょう。春は花々が美しいハーブガーデン、夏は木々が光を受けて緑色に輝く森の中のチャペル、そして秋は涼しい風が色づいた木々を揺らす湖畔のテント、冬は雪化粧をまとった山裾のゲストハウスと季節とともにうつろいやすく美しい自然の中で四季にあわせた結婚式が実現できますよ。

ナチュラルなあたたかさがある演出を

太陽の光を包み込んだウエディングドレスというのは、まるでゴールドのベールをまとったように輝きをましてくれるものです。風が木々を揺らし通り抜ける音や川底を打つ水の音が自然なBGMとなるでしょう。季節のフルーツにはよく冷えたシャンパンをあわせ、夏場なら招待状に麦わら帽子をお持ちくださいとメッセージに加えておけば、ゲストにいつもとは違った結婚式になるのではとわくわく感を与えることもできますよ。ネームカードやプチギフトも自然によく合う素材や色を使ってハンドメイドな結婚式を心がけましょう。

リラックスして楽しんでもらうために

ガーデンウエディングではカットしたウエディングケーキを二人からサーブして、一人ひとりに感謝の気持ちを伝えましょう。また、季節もですが時間の経過とともに刻一刻と表情を変える自然に身をゆだねるのがよく、そこにいるだれもが時を忘れて語り合い、そして自然の中でリラックスした雰囲気で楽しんでもらえるように心がけるといいでしょう。やわらかなパステルカラーでテーブルコーディネートをおこない、ガーデンに映える元気なビタミンカラーを配色、ドリンクコーナーをもうけてウェルカムドリンクでおもてなししたり、木陰ににベンチを用意しておくと気持ちよく過ごしてもらえますよ。

結婚式場を神奈川で行う際には、遠方からの来場者が交通機関で苦労しないように最寄駅や宿泊ホテルも考える必要があります。

必見!貸し会議室が増えている理由について

貸し会議室を活用してコストを抑える

社内に会議室を設けることは、コストの負担が大きくなってしまいます。なぜなら、会議室を利用するしないに拘らず、その分の賃料負担が発生しているからです。もちろん社内に会議室がある方が最も便利に利用することが出来ますので、可能ならば会議室を設ける方が良いのですが、コストを抑えたい場合は貸し会議室を利用する選択肢もあります。貸し会議室でしたら、必要な時だけ利用することが出来ますので、無駄な出費を抑えることが出来ます。

貸し会議室の様々な用途について

貸し会議室は様々な用途で利用することが出来ます。社内会議以外でも、会社説明会や面接、研修などにも活用することが可能です。貸し会議室は駅前などアクセスに便利な場所にありますので、社外の人とも利用し易いです。むしろ、社内同士の打ち合わせなどは社内の少しのスペースを活用するようにして、社外の人とのミーティングなどに積極的に活用するようにしたいです。必要な備品なども準備されておりますので、わざわざ会社から会議に必要なものを運び出す必要がありません。

サービス提供側のメリット

貸し会議室は利用する側だけでなく、貸す側にも大きなメリットがあります。貸し会議室は比較的簡単に提供できるサービスです。基本的に必要となるものはテーブルと椅子で、後はサービスを充実させる為にプロジェクターを用意したり、ケータリングサービスを提供したりします。建物は容積率が定められておりますが、同じ場所に建てる場合でも貸し会議室を設けることによって、容積率の緩和が適用されるメリットが有るため、ビルの延べ床面積を広くすることが可能です。その結果、賃料収入が増えることにも繋がります。

神戸で会議室をレンタルする事はとても安い価格で会議をする事が出来るスペースを確保する事が出来ますので便利です。