やっぱり欲しい!婚約指輪を贈るメリット3選

プロポーズの瞬間を思い出せる

やはり婚約指輪といえば女子の憧れ。キラキラと輝く宝石のついた指輪をもらってプロポーズというシュチュエーションを小さいころから夢見ていた女子は決して少なくありません。確かに安い買い物ではないですが、それは女性ももちろん承知しています。自分の為に選んで買ってくれた指輪をもらって、プロポーズされたら…その瞬間は一生の思い出になります。指輪がなくても忘れられない瞬間になりますが、指輪を見るたびに幸せな瞬間を思い出すのです。

一生物のアクセサリーになる

婚約指輪はつける期間が短いからいらない、という方もいらっしゃいますね。確かに婚約期間が終われば結婚指輪に変わり、婚約指輪を毎日つけることは少なくなります。しかし、意外と婚約指輪は活躍の機会が多いんですよ。婚約指輪は華やかなデザインのものが多いので、結婚式に御呼ばれしたときをはじめとしたパーティーシーンにつけていけばぐっと華やかになります。上質なものなので、長い目で見れば一生つけられるアクセサリーになるのです。そしてゆくゆくは、デザインを少し変えて娘や孫へプレゼントなんてできたら素敵ですよね。持っているアクセサリーは数あれど、一生ものはなかなか出合えません。婚約指輪は特別だからこそずっと使える一生ものになりますよ。

彼からもらえる最大で最後のプレゼント

お誕生日にクリスマス、記念日…彼とはプレゼントをもらったり、贈ったりしたことと思います。色んなプレゼントをもらっても、一般的に婚約指輪は彼女から妻へと変わる前の、最後のそして最高のプレゼント。終わりよければすべてよしと言いますが、素敵な婚約指輪をもらった瞬間に、今までの嫌なことも、どんなこともがすべていい思い出になるといっても過言ではありません。目に見える彼からの愛情であり、これからもよろしくという彼の気持ちが詰まった最高のプレゼントです。そんなに素敵なプレゼントは、生涯を通しても贈られる機会はそうそうないはずです。それぞれのカップルの形があり、正解はありませんが、二人で十分に話し合って、後悔のないようにしたいですね。

婚約指輪とは、主に男性が女性にプロポーズする時に送る指輪のことです。結婚が決まった女性が左手の薬指にはめる指輪を指して言います。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。